■資金管理の重要性 わたぼうのFXブログ

FXで月100万円のスワップ金利生活を目指します(・∀・)

ホーム > FXの基礎 > ■資金管理の重要性

■資金管理の重要性

■資金管理の重要性


FXを始めるにあたり、

「レバレッジは何倍がいいのか?」

とか

「資金量はどれくらいから始めたらいいのか?」

とか、いろいろと疑問に思うことがあると思います。



私的には、資金量は人それぞれ違ってくると思いますし、資金量の大小によって、自ずとレバレッジも変わってくると思います。





まずは、

「自分はどれくらいのリスクなら負えるか?」

を考えると、自然と自分に合った資金量やレバレッジが決まってくると思います。



言い換えると

「自分はどれくらいまでなら損失が出ても耐えられるか?」

となります。



上記と、その時の相場の様子で、どのくらいのレバレッジでポジションを建てるのかを決めていくと、予想と反対方向に相場が動いたとしても、最大の損失がエントリー時点から決まっているので、比較的安心して見ていられると思います。




■米ドル購入の例

例えば、米ドルを買うとして、現在のレートが1ドル120円だったとします。


「いくらなんでも、この流れだと1ドル110円を割ることは無いだろう」


と予想されるのであれば、ロスカットオーダーを110円に入れたとして、1万ドルあたりの最大損失は10万円となります。


1万ドルあたり10万円の損失が出たとして、FX口座の最大レバレッジと自分の資金量がどれくらいかで、取れるポジションの量が変わってきます。




仮に、最大レバレッジ100倍の口座で、資金量100万円のケースで考えます。

資金の100万円で米ドルを120円で購入、ロスカットは110円に入れるとした場合、110円になってもギリギリポジションを維持できるのは、8万ドル購入した場合だと思います。

(9万ドルだとレバレッジ100倍以上になってしまい、強制ロスカットされてしまうと思います。)


110円より円高になってしまった場合、ロスカットオーダーが働き、約80万円の損失が出て、20万円の資金が残ります。




また、スワップ金利も付いてきますので、最大の80万円の損失から、徐々に最大損失が少なくなってきます。

8万ドルで1日1200円のスワップ金利が付いたとして、約3ヶ月経つと
最大損失は70万円程度になり、2年ガマンすれば、最大損失はゼロに近くなります。



上記は、極端に100万円の資金を目一杯使用することを想定してみましたが、なんとなくイメージつかめましたでしょうか?





■最大損失額の計算


あなたは自分のポジションの最大損失額がどれくらいなのか、計算したことがありますか?



ロスカットの逆指値を入れていなくても、資金が減ってくると強制ロスカットがあるので、最大損失額はポジションを建てた時点で決まってくると思います。



ポジションを建てる際に、最悪のケースを想定しておくことが、精神衛生上、重要だと思います。



最悪のケースを想定しておかないと、予想と反対方向に相場が動いた際に、日中もずっと相場が気になって仕事が手に付かなかったり、夜も眠れなくなってしまうと思います^^;



FXはポジションを持っているだけで、スワップ金利が付いてきますので、できるだけロスカットされないように資金管理するだけで、どんどん儲かると思います♪



一度、自分のポジションが最悪、どれくらいのレートになったら無くなってしまうのかを計算してみて、そのレートがあまりに直近のレートに近かったり、遠すぎた場合はポジションを増減して調整してみてはいかがでしょうか?




ちなみに、私はFXを始めて1年半くらい経ってますが、為替差益とスワップ金利も貯まってきているので、最近は、その金額を最大損失額として、新たにポジションを建てて、ということをどんどんやっていっています。



どんなに最悪のケースが起こったとしても、自分が投入した資金は確保されるので、ポジションが大きくてもあまり不安にはならないです♪

(最初は為替差益もスワップ金利も貯まっておらず、資金管理とかは全然意識していなかったので、元本を100万円以上減らしてしまった苦い経験もありますが・・・^^;)



資金管理の計算については、エクセル等で簡単に計算することができると思います。

私は現在、『激動の時代を勝ち残る!プロに勝つFX投資バイブル』に付録として付いていた資金管理表を自分用にカスタマイズして利用しています。


「米ドル購入の例」のように、1ポジションずつ計算していけば最大損失額は計算できるのですが、エクセルでどんな風に表を作れば良いのかわからない方は、上記の資金管理表を参考にされてみてはいかがでしょうか?^^



スポンサードリンク


[ 2006/10/29 11:48 ] FXの基礎 | TB(1) |
この記事のトラックバックURL
http://fxkinri.blog56.fc2.com/tb.php/108-2e236a08

FX(外国為替証拠金取引)初心者の為の入門講座。FX(外国為替証拠金取引)の基礎から勝つために最低限抑えておかなければならない知識をステップごとに分かりやすく解説。FX(外国為替証拠金取引)は、株や外貨預金に比べてもメリットがあるとお話してきましたが、も
月100万スワップ金利コラム

FXとは何か?
レバレッジとは何か?
外貨預金との違い
FXで利益が出る仕組み
スワップ金利とは
スワップ金利派のブログ村
買い?売り?
両建てとは?
スワップ金利用資金の確保
スワップ金利派の利食い
ストップロスは必ず!
スワップ金利・少額での投資
スワップ金利派・資金管理の重要性
スワップ金利の扱いの違い
バーチャルトレードの注意点
ランキングをチェック!
スワップ金利月30万への過程
FXの情報商材って・・・
クオリティ・オブ・ライフ
ストップロスの金額
節税の注意点
円売りスワップ金利派の理由
成行か指値か
レバレッジの計算方法
ブログ村サラリーマン投資家
FX分析ツール
お金の基礎代謝
スワップ派は外為どっとコムで複利運用
スワップ金利派のポジションの管理
スワップ金利複利運用に有利な口座
5,000通貨単位でトルコリラ
FXはマネーゲーム?
FX情報ランキング
トレードの負けパターンにご注意
初心者がトレードしまくりたい理由
eワラントでFXの節税
あなたが損切りできない理由
今から初心者がFXを始めるには?
レバレッジ何倍?
FX口座の使い分けを考えてみる
格差とFX
ブログランキングを見てみよう!
『FXで月100万円のスワップ金利生活』創刊♪
相場師一代
冷静な目で相場を眺める
トレールの威力
常に心に余裕を
人の行く裏に道あり花の山
順位をチェックする
損するパターン
返金保証がつきました♪
命綱は適切な長さに調節を
いざというときの切り札
儲けるためのルール作り
税理士に相談して節税
1$=86円になる?!
円高トレンドになったらどうする?
FXのランキング
トレールの幅
塩漬けの原因
元本割れするなんて聞いてない?
通貨のバランス
スワップ派はつまらない?
上手な時間の使い方
手数料無料の是非
月100万への皮算用
低レバ作戦の方が儲かる?
時間はアクティブに、お金はパッシブに
中立的立場で相場を眺める
ランキングを見てみよう
資産運用の第一歩は家計管理から
低レバ放置作戦
最適なレバレッジは?
サラリッチよりもリッチ?!
会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方
相場に鈍感になるために
スワップ派のランキング
短期売買養成コース始まります
やはり低レバオススメです
健康的な生活のために・・・
黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
ひとり消費者金融で貯金作戦
順位を確認する
たまにはズームアウト
対岸の火事ならぬ自岸の火事
JNSその後
口座の分散でリスク分散&買いたい病の発作を抑える
¥enSPA!(エンスパ)2008年夏号に載ってます
スワップ金利で何買うの?
思考は現実化する
豪ドルのスワップ金利をノーリスクでゲット!
最新情報は為替ランキングでゲット

プロフィール
わたぼう

わたぼう

Author:わたぼう


クリックで救える命がある。

FX(外貨証拠金取引)で月100万円のスワップ金利を得て、経済的自由(ファイナンシャルフリー)を目指すサラリーマンです。

FXや株式等、投資暦は約10年になり、2008年には趣味でFP技能士2級を取得しました(・∀・)v

2008年のサブプライム問題による円高の影響でブログ開設後に得たスワップ金利がリセットされたので、心機一転、2009年から地道にポジション積み上げていっている過程です(・∀・)b

目標は、「FX投入資金」を全部引き出しても、月100万円のスワップ金利が得られるような状態になることです!

株主優待ブログもやってます→わたぼうの株主優待ブログ

わたぼうへのメールはこちら
ツイッターアカウントは@wataboufx

※本業が激務な為、申し訳ございませんが個別の質問等については基本的に返信できませんので予めご了承ください。ただし、メールで頂いたご質問等についてはブログ記事へ引用等の形で回答に代えさせて頂く場合がございますので、予めご了承下さい。



BIGTOMORROW(ビッグトゥモロウ)2007年12月号に掲載されました♪
44ページ上です!



¥enSPA!(エンスパ)07年秋号に掲載されました♪
62ページ右下です!

spa

週刊SPA!の7月24日号に掲載されました♪
79ページ左下です!

カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリーメニュー
過去ログ