■ストップロスは必ず! わたぼうのFXブログ

FXで月100万円のスワップ金利生活を目指します(・∀・)

ホーム > FXの基礎 > ■ストップロスは必ず!

■ストップロスは必ず!

■ストップロスとは


ストップロスとは、相場が自分がポジションを建てたときの思惑とは逆(損失が出る方向)に動いてしまった場合に、損失をそれ以上拡大しない為に、ポジションを決済して、損失を確定させることです。


いわゆる、「損切り」と言われるものです。


これを上手くできるかできないかが、相場での利益を左右するとよく言われます。

「損失を確定」というと、いち投資家として、なんだか自分が建てたポジションが誤っていて、相場に負けたような気がするので、


「いやいや、まだ決済して無いからこのポジションはわからないよ^^:」

と言って、ガマンしがちだと思うのですが、そう言っている間にズルズルと損失を拡大してしまう傾向があると思います。


ただ、それでは、コツコツと利益を積み重ねても、一気にその利益を吐き出してしまいかねないので、良くないポジションはサッと閉じて、また新たな気持ちでポジションを建てたいものです。



■ストップロスは必ず入れる!


相場の格言として、「損小利大」というものがあります。


呼んで字の如く、「損は小さく、利益は大きく」という意味なのですが、人間心理として、恐怖心と欲望が邪魔して、なかなか実行することが難しいと思います。



なかなか自分は損切りができない、と思う場合は、最初にポジションを建てた際に、併せて入れておくのが良いと思います。
(現に、私はそうしています^^)



まだ相場が上下に動いていない、冷静な心理状態の時に、



「このポジションでは最大○○円の損失までなら、たとえ損切りになったとしても、まぁ許せる範囲」



という水準のところにストップロス(逆指値)を入れておくことをおすすめします。



自分が許容できる損失を超える損失がでるから、気持ちが落ち着か無いわけで、初めから最大損失額がわかっていれば、


「いくら下げても大丈夫(ホントは上がって欲しいけど^^:」

という心理状態でいられると思います。



特に、FXは株式投資と違って、平日は24時間相場が開いてますので、特に会社勤めの人はずっと張り付いていることも不可能だと思います。

なので、自分が相場を見ていないときに、いつ何時大きなリスクに遭遇するか分かりません。


先週あった、タイのクーデター等も突然起こった出来事なので、そのニュースを見て即対応できるような体制であれば良いのですが、そうで無い場合、最初に逆指値を入れておかないと、寝て起きたらものすごいマイナスになっている、ということも無いとも言えません。



幸い、FXには原則として、株式や先物投資のように「ストップ安」「ストップ高」というものが無いので、売りたいのに売れない、買い戻したいのに買い戻せない、という恐ろしい状況は起こりえないと思います。

なので、最初に逆指値を入れておけば、そこで最大損失を確定させることができます。




スワップ金利派は、ストップロスを入れたら後は思惑通りの方向に相場が動いたら、徐々にストップロスのレートを上げていって(トレール)、最初の建値より上にストップロスが置けるようになったら、あとはそのポジションが逆指値にひっかかるまで、悠々とスワップ金利を受け取りながら、相場に参加し続けることができます。


もし相場が急落しても、ストップロスのおかげで、為替差損はゼロ、スワップ金利分だけ儲けることができますし、ストップロスを利益が出る水準に置いていたら、為替差益&スワップ金利の2つを受け取ることができます。




私は、夜グッスリと眠る為にも、「ストップロス(逆指値)」という安全装置を、ポジションを建てた際に、一緒に入れておくことを心がけています。



■ストップロスは変更してはいけない?!


個人の考え方にもよるとは思うのですが、私は基本的に、一度設定したストップロスは、下げない方が良いと思っています。

そもそも、ストップロスを下げていったら(逆トレール状態^^;)、「損失を確定する」というストップロスの意味が無くなってしまいます。


逆に、利益が出る方向にストップロスの水準を上げていく(トレール)の方は、上手く使えると非常に良いと思います。


トレールを上手く使って、為替差益とスワップ金利の両方を複利で運用していけば、月100万円のスワップ金利も夢では無いと思っています!



■具体的にはどれくらいにストップロスが?

ストップロスは、相場に参加する上で非常に重要なのですが、あまりタイトに入れると、即ストップロスに引っかかって、その後の上昇を取り逃がすとか、幅を取りすぎると、損失が大きくなってしまうので注意が必要です。


私が入れている具体的なストップロスの金額ですが、わかりやすいところでドル円でいうと、2~3円くらい下に、チャート的に節目がある(と思われる)ところのちょっと下あたりに最初は入れています。
(ただ、レバレッジが高くなって来ている場合は、少しきつめに入れることもあります^^;)

例えば、今(2006/9/25)のレートでいうと、115円前後で入れています。

また、最初にストップロスを入れたときから、何ヶ月か経ってもストップロスに引っかからず、スワップ金利が積み重なってきた場合は、まずは損失が出ないところまでストップロスを上げています。




スポンサードリンク


[ 2006/09/25 22:47 ] FXの基礎 | TB(0) |
月100万スワップ金利コラム

FXとは何か?
レバレッジとは何か?
外貨預金との違い
FXで利益が出る仕組み
スワップ金利とは
スワップ金利派のブログ村
買い?売り?
両建てとは?
スワップ金利用資金の確保
スワップ金利派の利食い
ストップロスは必ず!
スワップ金利・少額での投資
スワップ金利派・資金管理の重要性
スワップ金利の扱いの違い
バーチャルトレードの注意点
ランキングをチェック!
スワップ金利月30万への過程
FXの情報商材って・・・
クオリティ・オブ・ライフ
ストップロスの金額
節税の注意点
円売りスワップ金利派の理由
成行か指値か
レバレッジの計算方法
ブログ村サラリーマン投資家
FX分析ツール
お金の基礎代謝
スワップ派は外為どっとコムで複利運用
スワップ金利派のポジションの管理
スワップ金利複利運用に有利な口座
5,000通貨単位でトルコリラ
FXはマネーゲーム?
FX情報ランキング
トレードの負けパターンにご注意
初心者がトレードしまくりたい理由
eワラントでFXの節税
あなたが損切りできない理由
今から初心者がFXを始めるには?
レバレッジ何倍?
FX口座の使い分けを考えてみる
格差とFX
ブログランキングを見てみよう!
『FXで月100万円のスワップ金利生活』創刊♪
相場師一代
冷静な目で相場を眺める
トレールの威力
常に心に余裕を
人の行く裏に道あり花の山
順位をチェックする
損するパターン
返金保証がつきました♪
命綱は適切な長さに調節を
いざというときの切り札
儲けるためのルール作り
税理士に相談して節税
1$=86円になる?!
円高トレンドになったらどうする?
FXのランキング
トレールの幅
塩漬けの原因
元本割れするなんて聞いてない?
通貨のバランス
スワップ派はつまらない?
上手な時間の使い方
手数料無料の是非
月100万への皮算用
低レバ作戦の方が儲かる?
時間はアクティブに、お金はパッシブに
中立的立場で相場を眺める
ランキングを見てみよう
資産運用の第一歩は家計管理から
低レバ放置作戦
最適なレバレッジは?
サラリッチよりもリッチ?!
会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方
相場に鈍感になるために
スワップ派のランキング
短期売買養成コース始まります
やはり低レバオススメです
健康的な生活のために・・・
黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
ひとり消費者金融で貯金作戦
順位を確認する
たまにはズームアウト
対岸の火事ならぬ自岸の火事
JNSその後
口座の分散でリスク分散&買いたい病の発作を抑える
¥enSPA!(エンスパ)2008年夏号に載ってます
スワップ金利で何買うの?
思考は現実化する
豪ドルのスワップ金利をノーリスクでゲット!
最新情報は為替ランキングでゲット

プロフィール
わたぼう

わたぼう

Author:わたぼう


クリックで救える命がある。

FX(外貨証拠金取引)で月100万円のスワップ金利を得て、経済的自由(ファイナンシャルフリー)を目指すサラリーマンです。

FXや株式等、投資暦は約10年になり、2008年には趣味でFP技能士2級を取得しました(・∀・)v

2008年のサブプライム問題による円高の影響でブログ開設後に得たスワップ金利がリセットされたので、心機一転、2009年から地道にポジション積み上げていっている過程です(・∀・)b

目標は、「FX投入資金」を全部引き出しても、月100万円のスワップ金利が得られるような状態になることです!

株主優待ブログもやってます→わたぼうの株主優待ブログ

わたぼうへのメールはこちら
ツイッターアカウントは@wataboufx

※本業が激務な為、申し訳ございませんが個別の質問等については基本的に返信できませんので予めご了承ください。ただし、メールで頂いたご質問等についてはブログ記事へ引用等の形で回答に代えさせて頂く場合がございますので、予めご了承下さい。



BIGTOMORROW(ビッグトゥモロウ)2007年12月号に掲載されました♪
44ページ上です!



¥enSPA!(エンスパ)07年秋号に掲載されました♪
62ページ右下です!

spa

週刊SPA!の7月24日号に掲載されました♪
79ページ左下です!

カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリーメニュー
過去ログ